自分で出来るねずみ駆除の方法

ねずみ駆除は業者に頼んだ方が確実で効果も期待できますが、最近ではねずみ駆除グッズもたくさん発売されているので自分で出来る方法もたくさんあります。昔から使用されている罠式のものや使い捨ての粘着シート、毒で殺す毒餌を用いる方法などがあります。



罠式は何度も繰り返し使えるので長期的に使う場合はコストパフォーマンスが良いですが、捕まえた後の処理が大変だというデメリットもあります。


粘着シートは通り道に設置し、ねずみがくっついて捕まるのを待つタイプです。

日本経済新聞の情報もあります。

使い捨てで1枚の値段が安く手を出しやすいですが、ほこりが付くなどして設置したままだと効果が段々薄れるといったデメリットもあります。


毒餌は値段も高くなく駆除の効率はいいですが、幼児やペットが誤って食べてしまわないように注意する必要があります。
また見えないところで死んでしまった場合は、死骸を探さなければならないというデメリットもあります。

ねずみの侵入自体を防ぐ方法には、忌避剤を使う方法・超音波を使う方法・金網で侵入口をふさぐ方法があります。
忌避剤は薬剤で侵入を防ぐ方法で、スプレー式や煙や蒸気のでる燻煙式のものがあります。



広い範囲に有効ですが、後片付けが大変な場合や効果があまり確実ではないというデメリットがあります。
超音波式は最近出てきた方法で、設置場所などが難しく自分でするのは大変です。金網などで侵入口を防ぐ方法は侵入口を特定できればとても有効ですが、その特定が難しいので使用するにはコツが必要です。